最後に笑うのは誰か

テレビドラマの事を書き綴っていくブログ。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの時とは違うオーストラリア戦

2007.07.21

category : サッカー

comment(0) trackback(0)

ドイツW杯でのあの敗戦から約一年、再び豪州と戦う時がきた。


あの時と違う点は大きく2つ。

1つは舞台がアジアだということ。
少なくともアジアでは日本の方が当然戦い慣れているし、舞台となるハノイの気候も日本がグループリーグの初戦から滞在しているのに対し、豪州はつい数日前にやってきたばかり。
今大会を見ていれば分かるが、この差は何だかんだで大きい。

もう1つは豪州の監督がヒディングではないということ。
あの時はヒディングが日本の弱点を徹底的に突いてきて、敵将ながらアッパレと思ってしまった(苦笑)
ただ今回は勿論ヒディングではなく評判最悪?なアーノルドが監督なわけで、そういう意味ではラッキーというかオシムに逆にぶちのめして欲しいと切に願うところ。


勿論、日本もあの時とは違う。
監督も、戦術も、選手も‥‥。
ジーコの時から成長しているのかとか比べる気は別に無いけど、今日の試合でその違いははっきりと現れるだろう。


やはりオシムが豪州にどういった戦術であり戦い方をするのかってのが、結果と同等に楽しみなところ。
再三話題になっているビドゥカ封じ、フィジカル面をどう補うのか、そして日本の選手たちがどう相手を崩すのか‥‥。
ビドゥカはあの時と同様に中澤が見ることになるんだろうけど、それが3バックでなのか4バックでなのか。
ただちょっと自分は坪井をイマイチ信用出来てないので、3バックで起用となると正直不安。阿部、中澤、今野で良い気がするんだけど、鈴木啓の出場が微妙っぽいので今野がそこに入るのかも。

中盤ではどう考えても中村俊が必要にマークされるだろうから、やはりキーは好調の遠藤、それと中村憲。
彼らが中村俊をサポートして負担を減らせれば、それだけたくさんボールは回るしチャンスは自ずと作り出せるだろう。
理想はこれなんだよねぇ。豪州のプレスを掻い潜り、ポンポンとパスをまわしてゴールへ迫る、自ずと豪州はスタミナ切れ‥‥こんな風に上手くいくなら苦労無いんだけどね(苦笑)
守備に時間を割く時間の方が多いだろうから、しっかり守って早めに先制して日本のサッカーとやらを見せて欲しいところ。


オシムが監督に就任して以降、最も重要な意味を持つ試合が幕を開ける‥‥!!



 にほんブログ村 テレビブログへ

初戦はやっぱりドロー 【アジアカップ・日本vsカタール】

2007.07.09

category : サッカー

comment(0) trackback(0)

引き分けです、勝ち点1です、オシム激怒の模様です‥‥。


前半の戦いぶりというかこの雰囲気ならスコアレスドローかな‥‥と思っていたら、後半16分に高原のゴールで先制。

そこから前掛かりになるカタールに対し日本は、DFは相手の攻撃をシャットアウトし、中盤から前は相手を交わすボールの動かしっぷり。日本はそうやりながら前掛かりになるカタールを捌きつつ、1タッチ2タッチ内でのパス交換から次第に何度か相手ゴールへ近づいた。
やはり遠藤や2人の中村はスキルが高い、フィニッシュへ直結するパスの流れは見ていて気持ちがいい。そこに羽生が投入され、作られたスペースを周りの選手が有効活用していく、特にサイドで。
(山岸は動きは良いのに、最後が全くダメ。橋本は明らかに場慣れしてないね、まあしょうがないか‥‥じゃ済まないよ)

しかし追加点は入らず、仕舞いには同点FKを許してしまう。
この発端は阿部のファール。とは言え、最終ライン裏へのパスが出る前の数回の浮き球の繋ぎに対するプレッシャーが無かったからなわけで。(高原も言ったように)
まあ、あの場面でFKを与えちゃいけないよね。
その後、相手の10番・ヤセルの退場劇+カタールの監督も退場?になり、モヤモヤッと試合は終了。

う~ん、これだからサッカーは恐ろしい。
どんなに相手より運動量、戦術、スキル、そして内容的に優っていても、ちょっとしたことで天秤は相手へと傾く‥‥。


試合後、インタビュアーと通訳が可哀想になるようなオシムの怒りっぷり。
試合内容は嘘偽り無く日本が圧倒的に良い試合をしていたのに、ミスだったりが影響し勝てる試合をみすみす逃した、そんな試合にオシムの悔しげな感情が滲み出たコメントというところか‥‥。

まだ初戦であってグループリーグはあと2試合残っているわけですが、悲観する必要も無く最後に予選突破してればいいわけなので‥‥。
次の試合で勝ち点3を取ってもらえれば、と。



 にほんブログ村 テレビブログへ

テレビ局による違い

2007.06.07

category : サッカー

comment(0) trackback(0)

昨日の北京五輪アジア2次予選のU-22の試合を観て改めて思ったけど、サッカー中継ってテレビ局によって本当に違うなぁって。


この前のキリンカップの中継を担当した日テレとテレ朝。

日テレはまず、元ベルディコンビが聞くに堪えない解説をする。
と言うより、的外れもいいとこ。
実況に関しては、何もしらないんだろうなぁって聞いてれば思うような無知ぶり。

テレ朝は全体的に熱いww
松木はもう解説辞めたら?って感じ。
セルジオさんは、コラムの毒っぷりそのままにやればいいのにって思う。
多分、局に控えめにとか言われてるんだろう。
角沢は必至さだけって感じ。
来月のアジアカップはテレ朝が中継するみたい(多分そうだった気が‥)で最悪だが、セルジオさんが2004年のこの大会のときみたいに弾けるのかに注目。
「勝った勝った~!!(笑)」

TBSは代表が絡むと微妙。
EUROとかはわりと普通なんだけど。


それでフジテレビだけど、ここだけだよね民放でまともなのは。
ちゃんとサッカーの中継をしてるって感じ、実況に関しても解説に関しても。
佐野アナはちゃんと勉強してるんだなって聞いてれば分かるし、清水さんも淡々と分かりやすい解説。
これに青嶋アナに風間さんがいるわけで、本当ならアジアカップをフジに担当して欲しいよ‥‥。




 にほんブログ村 テレビブログへ

日本vsコロンビア戦についての考察

2007.06.06

category : サッカー

comment(0) trackback(0)

今日は休みなのでゆっくり書けます(笑)


日本、キリンカップ優勝 コロンビアと引き分ける


さっきもう一度試合を観返してみたけども、前半と後半で全くの好対照な内容でしたね。
フォメは高原の1トップ。
その後ろに俊輔と遠藤が居て、その間に稲本がトップ下のような形。
鈴木啓太と憲剛のダブルボランチに、DFラインに中田浩・中澤・阿部・駒野の4バック。


前半はまあ本当に酷い内容だったと思う。
予想以上にコロンビアのプレスがキツく、日本のダイレクトプレーは寸断された。
そして、‥‥決定的なミスが何度かあった。


俊輔、あんなミスはイカンぞ‥‥。
悪いがファン目に見ても昨日の俊輔は、後半は良くなったが前半はほんとに駄目駄目だった。
足の痛みなどピッチに立ったらただの言い訳。
ボールを持ちすぎだし、受けてから出し手を捜しているからあんな取られ方をするんだ。
地に足が着いてない感じも受けたし、オシムの言うこととか回りのことを考えすぎなんじゃないかなって思うんだけど‥‥。
ほんと頼むぞ俊輔。


試合に戻って‥。
試合前に書いた嫌な予想=中盤でちゃんとプレスが掛かるか心配。
これが的中してしまった。
コロンビアの高い個人能力っていうのもあるが、スルスル交わされてフィニッシュまで持っていかれる。
ラインを高く保って欲しかったが、あれだけピンチを凌いだ中澤・阿部には何も言えない(苦笑)
とにかく前半は、攻守にアグレッシブさが足りなかったと思った。


そして後半、オシムが動いた。
前半、地蔵のように全く動かなかった稲本に変えて羽生、そして中田浩に変えて今野を投入。
この交代がチームを変えた。
羽生がガンガン動いてかき乱し、チームをプレーで鼓舞。
それに反応した中盤の選手たちは、ようやく攻守にアグレッシブさが見られ始めた。
前線への飛び出し、スペースへ飛び込む動き、パス&ムーブがしっかり出来ていた。
前半と同じチームとは思えないね(苦笑)


高原凄まじかったね、気迫が違ったよ。
魂のプレーというか、こんなに頼りになる選手に成長したんだって嬉しくなった。
そしてこの高原のプレーが、後半15分の決定的なプレーを生み出します。

左サイドライン際で相手DFと競り合いながらボールを奪いクロス→羽生がスルー→PA内で受けた俊輔がダイレクトに後ろの遠藤へ→受けた遠藤も走り込んできた憲剛にパス→シュート

なんという素晴らしい流れ!!
オシムが目指すサッカーを垣間見たって感じ?
これが決まっていれば、オシムジャパンでのベストゴールになっていたのは間違いない。
ここなんだよねぇ、いい流れでも決めなきゃ駄目なんだよねぇ。
個々のポテンシャルは高いから、そこまで心配はしてないけれども‥。
そして試合はドローのまま終了、日本がキリンカップ優勝を果たしたわけです。



この試合をどう見るかはちょっと難しい。
まず第一に相手はコロンビアという格上の強豪国だったということ。
相手は中1日での試合でそれでもあの強さ、中1日じゃなけりゃどうなってたことか‥‥。
それでもやはり引き分けたことは誉めるべきだと私的には思う。

第二にオシムの発言。
試合後にこの爺さんは、カミカゼシステムとか抜かしていた。
まるでこうなることが分かっていたかのような会見の模様を読んで、自分は色々と考えた。
バカなマスコミやその他諸々を黙らせるためにわざと海外組の4人全員を使ったのか?とか、単純に試合後の表情からやはり意図のある布陣であり大きな収穫があったのか‥と。
前者は前例がある、後者も最も理由。
海外組のテストっていうのは違うと思う、1試合で判断するようなこともしないだろう。
やはり、アジアカップを睨んでの何かとしか言いようがない。

海外組をどう見るかっていうのは難しい。
今回に限って言えば高原は何週間も前に帰国しているとはいえ、他の3人はやっとシーズンが終了したわけだ。
それに対してJはシーズンの真っ最中。
国内組はずーっと最初からやっているが、海外組はここ数試合から呼ばれ始めた段階。
いくらポテンシャルが高いとはいえ、すんなり連携とか色々順応するは無理だろ、そんな簡単じゃないよ。
今更ながら思うけど、発足時から呼んで欲しかった気が(苦笑)
とにかく今回の試合は別段悲観する必要なんてないし、収穫があったと思う。


次はアジアカップか。
どういうメンバーになるかは勿論気になるし、どういうサッカーをしてくれるかも興味津々。
『走るサッカー』なんて世間では言われてるわけだけど(自分はそうは思わないけど)、あの暑さの中で足が止まらないことを祈ってます。
7月はサッカーの話題が増える、間違いなく(笑)




 にほんブログ村 テレビブログへ

引き分けで優勝

2007.06.05

category : サッカー

comment(0) trackback(0)

日本代表、コロンビアと引き分けたもののキリンカップ優勝しました。


‥‥なんつう微妙な試合‥‥。

嫌な予想も的中するし‥‥。
オシムや選手のコメント聞いてから、明日また感想を。
もう寝ます(笑)



Old |  to Blog Top |  New
thanks!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

chronicler

Author:chronicler
ドラマレビュー中心のブログ。
ゲームの話題を主に扱っている、
Game Chronicles
を開設したのでそちらもよかったら。

ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いします。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

視聴中のドラマetc
カレンダー
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
BlogPeople
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
バロメーター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright ©最後に笑うのは誰か. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。