最後に笑うのは誰か

テレビドラマの事を書き綴っていくブログ。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

LIAR GAME ~ライアーゲーム~ ♯02

2007.04.23

category : 未分類

な~るほどね~

金庫から藤沢に2億を出させるっていうところまでは先週の感想で予想していたけど、あそこまで綿密に裏で秋山が動いていたとは‥。

人間の心理のつき方が見事、見ていてニヤニヤしながら観たくなる。(変な意味じゃなくてw)


そして直が勝負に勝ったわけですが、「お人よしの直ちゃん」は藤沢を可哀想だと思ったのか獲得した半分の5千万をあげちゃいました。
その直の行動に秋山は、自分の報酬の獲得した半分の5千万を直に渡し、アイツに持っていってやれと‥。
この後に、藤沢のその後を描かないのはナイス。(バーカって思ってるって自分は思う)


これで終了なわけはないんです、連ドラですから(笑)


秋山に料理をご馳走しようと家に帰ると、ポストの中には「ライアーゲーム、2回戦の案内」が。
選択する道は2つ。
棄権も出来るが、それには獲得した賞金の半分=5千万が必要。
もう1つは2回戦に参加すること。
(どちらの選択もしなかった場合は、1億円の返却)

直は警察に相談しに行き、秋山を紹介してくれた谷村が一緒に2回戦の会場にまで付いて来てくれるという。
そして当日。
2回戦の会場に谷村の車で向かい、到着すると意外な裏切りが。

実は警官の谷村は、ライアーゲーム事務局の人間だったのだ(笑)
秋山を紹介したのも全て仕組まれたものだったんじゃないかと。
直がこのゲームに参加すること自体も何かの意味があって、いづれ全ての伏線を繋いでくれるような気がする‥。



秋山は直を心配してか、会場に来て彼も2回戦へのエントリーを。


2回戦のゲームの内容‥‥それは、


少数決


要はある質問に対して、22人で投票を行う。
その結果、少数の意見に投票したものが勝利という単純明快なもの。
最後に残る勝者は1人。
負けたものは、ネームプレートに埋め込まれたダイヤの価格=1億円を支払わなければならない‥‥。
直、どうする!?



というわけでメチャメチャ面白いんです、このドラマ。
フジテレビはやっぱ凄いと思うよ、ドラマを扱わせたら右にでるものナシ。
まあ、原作自体が相当面白いってのが1番の要因だろうけど。


・直の追い詰められていく様
・ライアーゲームに措ける駆け引きであり心理戦
・秋山という人間そのものと、彼の繰りなす策



このドラマの面白さはこの3点が握ってます。
今現在、それが存分に描かれていて次週の少数決対決が楽しみです。



↓click please



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ




LIAR GAME 1 (1)
LIAR GAME 1 (1)
甲斐谷 忍

LIAR GAME 2 (2)
LIAR GAME 2 (2)
甲斐谷 忍


LIAR GAME 3 (3)
LIAR GAME 3 (3)
甲斐谷 忍



【CAST】
神崎直 … 戸田恵梨香

秋山深一 … 松田翔太

谷村光男 … 渡辺いっけい

エリー … 吉瀬美智子
神崎正 … 福井友信

藤沢和雄 … 北村総一朗


公式
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

thanks!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

chronicler

Author:chronicler
ドラマレビュー中心のブログ。
ゲームの話題を主に扱っている、
Game Chronicles
を開設したのでそちらもよかったら。

ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いします。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

視聴中のドラマetc
カレンダー
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
BlogPeople
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
バロメーター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright ©最後に笑うのは誰か. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。