最後に笑うのは誰か

テレビドラマの事を書き綴っていくブログ。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

働きマン 第1話

2007.10.11

category : 2007年7月期

何だかんだでもう、秋クールのドラマの放送が開始です。
全部事前に紹介しようと思って何本かは紹介しましたけど、時間的に厳しい&24にドップリ状態なのであとはご勘弁をw。


さてその秋クールのスタートを飾ったのが、菅野美穂主演の『働きマン』
思ってた以上に面白かったです。『ホタルノヒカリ以上、ハケンの品格未満』といったところかなぁと。
まず冒頭10分の超絶テンポで掴みは良好。その後、1話から外務大臣とかスケールの大きい展開があって、合間合間に『仕事と恋』の葛藤が描かれつつ、何だかんだで結構シリアス目な展開で結構好みな感じ。

キャストが微妙と以前書いた記憶、いや‥‥確かに書きましたけど、実際のところそんなことは無いですねw。
何気に『ライアーゲームのエリー』こと吉瀬美智子さんが出演していて、気づいた時に思わず「おぉ!!」っと、声が出てしまったw。あの伝説のドラマのSP役が未だに記憶に残っている野仲イサオ、何時もながらに素敵な顔な荒川良、モナリザの微笑の時からファンな伊武雅刀さん辺りがしっかり引き締めてくれてるし、平山あやも頑張ってる。
もこみちは、‥‥ノーコメントでどうかひとつ。(登場シーンで笑っちゃったw

勿論、主演の菅野美穂も頑張ってると思います。
誰かに家までつけられて新二に電話して、なんとか涙を我慢した後の「だいじょうぶ、出張ならいいよぉ」の声の何とも言えない強弱が、『ああ、菅野美穂だなぁと』
このシーンは、新二との約束をすっぽかした後に、都合良すぎと言われても仕方ない弘子の電話ってことで、何とか泣かずに我慢して、その後のケーキに繋がるわけですが、個人的には1話で1番好きなシーンですかね。


不満点というと、ちょっとインパクトが足りない感じがする。
そこは(原作でもあるの!?な)変身シーンと働きマン音頭ではカバー出来ないよw。
編集部の人間をもうちょっと本筋に絡ませるというか目立たせて、厚みのある展開を見せて欲しい。
視聴者に話掛けてくるのは毎週あるのかな?好き嫌い分かれそうだけど、伊武さんの愚痴と解説が有るなら毎週やってもいいかなw。

ドラマとは関係ないですが、1時間に3回もデイブレが流れるとは素晴らしい。
それもプラスにはたらいて、2話からも楽しみなドラマとなりそうですw。


【CAST】
松方弘子(28)‥‥菅野美穂
田中邦男(22)‥‥速水もこみち
渚マユ (23)‥‥平山あや
荒木雅美(28)‥‥佐田真由美
小林明久(29)‥‥荒川良々
梶舞子 (31)‥‥吉瀬美智子
堂島保 (40)‥‥野仲イサオ
山城新二(28)‥‥吉沢悠
菅原文哉(35)‥‥津田寛治
梅宮龍彦(48)‥‥伊武雅刀
成田君男(39)‥‥沢村一樹


主題歌:「浮世CROSSING」 UVERworld


働きマン (日テレ公式サイト)


【記事が気に入ったらポチっとお願いします^ ^】
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

thanks!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

chronicler

Author:chronicler
ドラマレビュー中心のブログ。
ゲームの話題を主に扱っている、
Game Chronicles
を開設したのでそちらもよかったら。

ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いします。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

視聴中のドラマetc
カレンダー
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
BlogPeople
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
バロメーター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright ©最後に笑うのは誰か. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。