最後に笑うのは誰か

テレビドラマの事を書き綴っていくブログ。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

24 -TWENTY FOUR- Season5 #1~2

2007.10.07

category : 24

レンタルせずに、こうしてフジテレビで放送されるのを待ってたんですよw。
ちなみにフジで放送された過去のシリーズも観ていて、高校生だったのでシーズン2は途中で挫折し、シーズン3はがっちりハマり、シーズン4は移転前のブログの方でレビューもしてました。

24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DVDコレクターズ・ボックス
24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DVDコレクターズ・ボックス

そしてシーズン5です。
前作のラストで自らの存在を事実上この世から抹消し、線路の上を歩いていくジャックの姿で終わりを迎えました。
一体どんな始まりになるのかと思ってたら、物凄い幕開けで言葉が出ませんね‥‥。




まず、パーマー元大統領が暗殺されました‥‥。
ウェインの自宅に一緒に居るところを、向かいのビルからスナイパーライフルでズドン。
更にその衝撃は、幸せな生活を送っていたトニーとミッシェルにまで及びます。
いやまさかミシェルが死ぬなんて‥‥、どうしてなんだよぉ~。ドラマの開始15分で2人も死ぬなんて、衝撃的過ぎる。

この3人に共通することと言えば、当然ジャックの生存を知る者ということ。
何故狙われる羽目になったのか、ていうかなんでジャックの生存を知っているのか?
そしてもう1人いますよね、ジャックの生存を知る人物が‥‥そう、ファンが多い?だろうクロエですよw。

前作では性格キッツいキャラで、踊る大捜査線の室井さんみたいにいっつも眉間にしわを寄せていましたね。
そんなクロエにも変化があったようです、何せいきなりセクシーな登場でしたから。しかも部下と一夜を共にしたあとですよ、まさに『ツンデレ』でしたww。
まあそんなクロエも狙われて必至に逃げて振り切ったわけですが、この最大のピンチに電話をします‥‥この物語の主人公、ジャック・バウアーに。

ジャックは名前を変えて、日払い雇いの仕事をしながら生活していました。
勿論ニュースでパーマーの死を知り悲しみに暮れていたわけです。そこにクロエからトニーたちの事を知り、事の真相を確かめるためにクロエと合流。(デレクというジャックが世話になっている女性の息子も一緒に)
そこへ追っ手がやって来るが、ジャックが始末。その中の1人から事の真相が判明、パーマーが狙いで他は陽動だということと、パーマー殺しは口封じだということ。(その全てをジャックの仕業にするための今回の犯行)
勿論こんなザコ共には度デカい親玉がいるわけですが、それを探ろうとジャックたちはパーマー殺害現場である弟のウェインの自宅へと向かいます。
事件現場は当然のように捜査官でいっぱいですが、FBIに変装してジャックは潜入。そこでウェインと出くわしますが、ジャックが犯人でないことをウェインは信じてくれ捜査に協力。
そしてパーマーのパソコンを調べていると、暗号化された文書を発見。解読してみると、空港に勤めるある人物の名が‥‥。

一方、CTUは暗殺犯の特定に至ります。
それが何とジャックなわけです、狙撃が行われた向かいのビルの防犯カメラにしっかり写っていたというわけ。(勿論、何らかの細工を施してあるはずですが)

そんな状況の中、クロエを心配するエドガーが、外部からクロエが端末にアクセスしているのを発見。場所を特定されジャックたちはピンチに陥りますが、クロエが身代わりで捕まり、ジャックとデレクは逃走。
ジャックはデレクを母親であるダイアンに帰し、手掛かりとなる空港の職員をあたります。しかし時既に遅し‥‥、薬を飲んでその人物は死んじゃいました。
一方、まだ空港の外に居た2人は見るからに危ない奴らを発見!!デレクはその事をジャックに知らせようと空港の中へと入っていきますが、あららな空港テロが発生‥‥。

そして最後にシリーズ恒例、灯台下暗し的な事実が‥‥。



朝7時から8時に起きた事柄は、こんなところですかね。
ああっと忘れていました、お騒がせ大統領のことを(笑)。

まだ大統領やってたんですね、ローガンは(笑)。
前作と大して変わっていないです、あのヘタレ具合もムカツク感じも。ただ今回は、妄想癖のある妻・マーサが登場していて、まあ確かに大変だろうなぁとは思いますがね。
このマーサは実は事件に関与しているんですよ。パーマーから国家の安全に関わる大事な話があると、パーマーが死ぬ前の日に電話があったみたいなんですが、誰もそれを取り次ごうとはしない‥‥また妄想だろうと。

そう思わせるように仕組んだ人物が実は居るんですよねぇ、それがローガンの側近であるカミングスです。パーマーの死をマーサに知らせた時点で、怪しいとは思いましたがまさかねぇ。
他に怪しい人物というと、新しく登場したスペンサーですかね。
ジャックの生存を知るクロエに近づいた点、エドガーがクロエを心配する反面、彼はクロエは大丈夫と平然としていた。勿論、本当にそう思っていたかもしれまんせんが、24ではまず怪しむべきですよw。


3話以降もレビュー予定です、秋クールの連ドラが始まる前で良かったよw。



【良かったらクリックお願いします】
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

thanks!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

chronicler

Author:chronicler
ドラマレビュー中心のブログ。
ゲームの話題を主に扱っている、
Game Chronicles
を開設したのでそちらもよかったら。

ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いします。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

視聴中のドラマetc
カレンダー
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
BlogPeople
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
バロメーター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright ©最後に笑うのは誰か. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。