最後に笑うのは誰か

テレビドラマの事を書き綴っていくブログ。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

FE暁の女神が終わりそうにない今日この頃

2007.10.02

category : 日常

最近はニンテンドーDSでは逆転裁判にハマっているんですが、Wiでは「ファイアーエムブレム 暁の女神」を黙々プレイ中です。

ファイアーエムブレム 暁の女神
ファイアーエムブレム 暁の女神

1ヵ月半ほど前に購入したんですが、全然終わりそうにないですw。
章仕立てなのでサクサク進んでるような感じがしますが、その章自体の数がかなり多く、そして1つの戦闘も長い。
な~んて挙げましたが、そのボリュームがかなり良いんですよ(笑)。
シュミレーションRPG(以下,SRPG)はアレなんですよ。本当に久々で、確かPS版FFタクティクスを当時友達に借りてちょっとプレイした程度。
別に嫌いなジャンルでも無く、何故かプレイする機会が無かったという感じ。

そんな久々のSRPGだったのでノーマルでプレイしたんですが、『ハードでプレイすればよかったかも』ってちょっと思ったりしてますw。
ノーマルはほとんどイージーって感じです。敵の移動範囲を考えて進軍すれば、特に難しいと感じることは三部途中までプレイした限りでは特に無いですね。
でも、一人のユニットも死なせずにクリアするのは、正直かなり難しいと感じました。
だってもう、ネフェニーとキルロイを死なせてしまったから‥‥(泣)。
FEが『てごわいシミュレーション』として名高いのは、死んだ仲間は二度と生き返らないっていうのが唯一の理由だと感じたぐらいですw。
プレイする前は、一人のユニットも死なせずにクリアすると目標立てたんだけどねw。
これはプレイした人にしか分からないと思うんだけど、また最初からプレイするのが正直めんどいのがまず1つ。
もう1つは、後ろを振り返らずにプレイするべき‥‥みたいな雰囲気をFEの世界が醸し出しているというか何というか、ちょっと言葉では説明し難いかも(汗)。

操作感に関しては、極めて良好ですね。
横持ちでのプレイはかなりしっくりきます、チョコボに安心感が持てました。


ストーリーに関しては、まあ何ていうか差別が酷いとしか言えないような感じです。
ベオクもラグズもどっちもどっちな感じで、前者は相手を半獣呼ばわりで、後者は自分たちの方が強いと相手を下に見ている状況。
一生争い続けるんだろうなぁ、テリウス大陸の人たちは‥‥。

キャラクターは結構魅力的で、個人的に1番好きなのは当然ミカヤです(笑)。
この作品の主人公はミカヤですよ、出来れば最初から最後までミカヤ目線でプレイしたかったぐらいですもん。
ちょっと話変わりますが、スマブラXにアイクの参戦が決定していますが、ミカヤも参戦させて欲しいなぁと。
他のキャラとも被らないし是非ともお願いしたいところです、明日辺りにスマブラ拳!!で発表されたら神なんですが‥‥ww。(有り得ない!?)
基本的に飛行系ユニット(ジルやハール)が好きですね、便利だし強いし。


ちなみに今は、第三部の6章まで進みました。
アイク側やらミカヤ側やら感情移入なんてあったもんじゃないですが、とりあえずジルは寝返らせないぞ!!(笑)
頑張って進めれば、マリオギャラクシーまでにはクリア出来るかなぁ‥‥。



 にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

thanks!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

chronicler

Author:chronicler
ドラマレビュー中心のブログ。
ゲームの話題を主に扱っている、
Game Chronicles
を開設したのでそちらもよかったら。

ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いします。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

視聴中のドラマetc
カレンダー
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
BlogPeople
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
バロメーター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright ©最後に笑うのは誰か. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。