最後に笑うのは誰か

テレビドラマの事を書き綴っていくブログ。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ドラゴンクエストソード 「セティアの可愛さは異常」

2007.07.21

category : 日常

ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔
ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔

毎回一章ペースでプレイ中のドラクエソードですが、今回は「第三章 ~仮面~」をプレイ。


女王・ヒルダが気になったセティアは、事の真偽を確かめようと町まで出てきた。
主人公が帰るとセティアが尋ねてきていて、一緒に女王が着けていた仮面を過去に見たというブレイゲ山まで一緒に行って欲しいとのお願い。
自分は内心『セティアのためなら勿論行きますとも~』と思ったが、やっぱいいえを選択するのがドラクエのちょっと面白いところ(笑)

今、行ってくれるって言ったのよね?

こんな返答が返ってきたよ、勝気でツンツンしてんなぁw
準備が出来たら教会に来てと言われたので早速向かうと、ここで事前にも情報が公開されていたセティアが主人公の呼び名を決めるイベントが発生。

・エッジ
・アレン
・ジャック
・カルロス
・チャッピー
・ヘロロン


呼び名は上記の全6種類で、1番最初にリモコン操作を誤ってヘロロンにしてしまったww
主人公がヘロロンは無いだろ、チャッピーはペットっぽい、木下あゆ美さんが苦労したカルロスも却下、ジャックもなんか違う、アレンは悪くないが海外ドラマっぽい(意味不明w)、つーわけでやっぱエッジだろってことでエッジに決定!!!


さてブレイゲ山に向かおうか!!と思ったが、そろそろ剣の強化をしようと思い強化素材集めを開始することに。


まずは1番手に入りやすいであろう草原のSランクの景品・雷の玉を手に入れることに。
しかしこれがまた難しいんだよ、Sランクへの道ってのは‥‥。
大体普通にプレイしてもまあ約11000点ぐらいで、Sランクの壁である約12000点にあとちょっとで届かないわけですよ(汗)
この壁を突破するためには例えば、クリア時間の短縮、全てのモンスターを倒す、ガード率・ヒット率を上げる、たくさんダメージを与えるといったことでボーナスが加算されるわけです。

大体何度もやってればモンスターたちの行動パターンだったりは把握してるので楽勝♪と思ってると、1回目はドラキーにいつの間にか逃げられたりww
『ムキャーッ』とのだめのような奇声を上げて悔しさをあらわにしたくなるけども我慢。
2回目の挑戦。
ミスも無くモンスターに的確にヒット出来てるしここまでは逃さず全てのモンスターを倒せてるしこれはイケると思った矢先、慎重に一体一体倒したせいでまた逃げられた‥‥。
もう3度目‥‥今度ばかりはと挑戦すると、ようやくSランク達成!!!

雷の玉を獲得し、早速はがねのつるぎを強化し「いかづちのやいば」に。
(モンハンっぽい)試し斬りに行ってみると全然違う、明らかに強いわ~♪
武器が強くなることによって二度斬らないと倒せなかったモンスターが一撃で倒せるようになって、よりスピーディーに戦えるようになったよ。



そしてブレイゲ山。

ここは自動的にセティアと一緒で、もうねぇセティアの魅力全開ですよ(笑)
「カッコイイよ、エッジ!」とか「やったね!!」とか、「何よコイツ~」とか。
私的には「やっちゃいなさいよ」ってセリフの投げやりバージョンが好きですなw
ドラクエシリーズの女性キャラで1番好きかもしれないな。
6のバーバラをもっと今風にしたとうか、勝気にしたというか。バーバラとゼシカを足した感じ?かなりイイっす♪


セティアの魅力はこの辺で‥‥。


このブレイゲ山から急に難易度が上がったような感じがしたよ。
対処しなくちゃいけないことが多くて、一度に出るモンスターの数がなんか多い。
例えばヘルホーネットっていう本編でもあんまり好きじゃないハチのモンスターが画面いっぱいに出てきて、とりあえず無我夢中で振ったり(笑)
でも無我夢中に振ってもたくさんいるからちゃんと当たる、後は一体一体的確に退治していって、と。


このステージで最も厄介なのが「ばくだんいわ」。
坂の上からゴロゴロ転がってきて、タイミングよく攻撃しないと一定時間後ろに吹っ飛ばされちゃう。中にはちゃんと止まってくれるヤツもいるw
メラゴーストと一緒に出てくるところは相当焦ったわ。
どうしたらいいんだぁってアタフタしてる間に、どんどん突っ込んできてテンパって最初の挑戦ではそこで町に帰りました(笑)

二度目の挑戦では、ばくだんいわが転がってくる前に対処。そうなんだよな、敵がわざわざ画面の中央に整列する前に斬っちゃえば良いんだもんなww


ギミックも豊富でした。
いかだくだりではこっちまで動いちゃいそうな感じでどんぶらこ~、ホークマンやらマーマンやらが空から川から攻撃してきて面白かった。
橋では、お馴染みのキメラが橋を突っつき落とそうとするんだけど、これってそのままほっといて落とされたらゲームオーバーになるんかな?後で試してみよっとww


そしてようやく頂上に着くと、ボスの「サイレス」が登場~♪
自分はサイレスは別に好きでも嫌いでも無いんだけど、サイレスを見ると初めてプレイしたドラクエである6のジャミラス様を思い出すんだよなぁ(笑)
6のボスキャラはみんな私的には印象に残ってて、ムドーもグラコスもデュランも。
「ジャミラス!ジャミラス!」って言うのがほんと印象的。クラスの男子みんなプレイしてたから、なんかこのフレーズが流行ってたのを今でも思い出すわww

そんでこのサイレスは案外顔がひょうきんだったりするから、声がイメージ通りだったよ。
戦ってる最中も色々喋ってたな、こっちはそれどころじゃないっつーの(笑)
サイレスも基本は盾のガードをしっかりした後に、何回か斬ってって感じ。たまにどっかからオークを連れて来たり。
「稲妻雷光斬」のおかげもあって倒すことが出来て、死ぬときも派手でまた戦いたいと思ったね。
(ちなみに、この戦いの前にセティアの「イヤン」が聴けます)


サイレスを倒したあとにセティアが見たという仮面を捜すと、反対側の山にとある画が。
そこには魔王と、それと戦う人々が描かれていた。
その魔王が着けている仮面がヒルダが着けていたものにソックリ、というか同一のもの。
それでセティアは大急ぎで城に知らせにいき、次の「第四章 ~犠牲~」に続くわけですがそれはまた来週。



 にほんブログ村 テレビブログへ
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

thanks!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

chronicler

Author:chronicler
ドラマレビュー中心のブログ。
ゲームの話題を主に扱っている、
Game Chronicles
を開設したのでそちらもよかったら。

ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いします。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

視聴中のドラマetc
カレンダー
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
BlogPeople
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
バロメーター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright ©最後に笑うのは誰か. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。