最後に笑うのは誰か

テレビドラマの事を書き綴っていくブログ。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

わたしたちの教科書 第一話

2007.04.17

category : 未分類

この記事、深夜2時を過ぎた頃に書いてるんですが、公式サイトがかなり凝っていることに気づきました。

公式サイトのトップページはご存知のとおり中学校の教室の至る所にギミックがあり、菅野美穂さん演じる積木珠子が立っています。
それが、自分が深夜2時頃にアクセスしたら、珠子は居なく、教室は暗くなっていて懐中電灯で照らしているという風になってて面白いなぁと思ったり。
多分、深夜0時で切り替わってるっぽいので気になる方は是非アクセス。



それで本題の第1話ですが、衝撃の事実が明らかになり、衝撃的な出来事が起きてしまいました。

まずその衝撃的な出来事というのが、臨時教員として赴任してきた加地耕平が受け持つ2年3組の生徒・藍沢明日香の校舎の窓からの転落事故であり、息を引き取った事……。

そしてクライサー法律事務所に所属する弁護士・積木珠子が藍沢明日香の母親だと加地の問いに答えたこと。



面白いという言葉が適切かは分からないけど、現時点では春ドラで1番に次週が楽しみな作品です、個人的には。
何より善悪がはっきりした人が居ないのが良い、人間の二面性をしっかり描いてくれてる作品はあまりないので。


全体としては自分が予想していたのとはちょっと違ったんだけどね、もっと全体の雰囲気は重く殺伐感に溢れた作品だと思ってたから。
蓋を開けてみると、勿論背景には重いテーマがありそれぞれがそれぞれに色々と抱えているんだけど、雰囲気自体はそれほど暗くはない。


多分その要因は「電車男」以来のこの枠への出演・加地耕平役の伊藤淳史のおかげだと思う。
様々な人間が居る中で、加地だけは理想と希望に溢れていて、まだ何色にも染まってなくまだ「悪」な部分というのも出てきてはないし。
これから現実と直面していく中で、どう彼が受け止めていくか楽しみ。

その珠子役の菅野美穂さん、やっぱ良いねぇ♪
「いいひと」から色々観てるけど、初めてのタイプな役ということで新鮮。女性がタバコを吸う姿は好きじゃないけど、役作りご苦労様です。
久々に過去の菅野さんのドラマ観てみよっかなぁ。「愛をください」と「ちゅらさん」がお気に入りだったり♪

志田未来ちゃん、いっつも大変な役やってて凄いよ。
本当に毎回過酷だよなぁ、まあそれだけ業界で演技力含め大きく評価されているってことなんだけどね。



主軸としては、転落事故により後に死亡した明日香の母親だと名乗った珠子と、学校との「闘い」が描かれるといった感じっぽいね。
どうして珠子は、明日香を捨てたというか養護施設に預けてたんだろうか…。
珠子の過去に何があったのか……。


あの転落事故はどうしてなんだろう。
自ら飛び降りたのか誤ってなのか、それとも誰かに突き落とされたのかほんとこれからですね、真実は。
クラスメートにも色々いるようで。ポーとか(笑)、優等ずらした感じの女子とか。
個人的には「14才の母」で志田未来ちゃんと共演した谷村美月演じる仁科朋美が1番怪しいんだけど…。

そして教員にも色々と。
娘との関係が上手くいっていない熊沢。
オタクっぽい八幡は、あの内面が爆発したら怖いね。逆転裁判4のポスターがあったけど、このドラマの結末もああなるんじゃないかと考えたり…。
夜は水商売をしている、猫をかぶった吉越。
金遣いが荒い戸板。
リーダー的な大城ははたして…。
風吹さんには珍しいねぇ、悪な部分を感じざるを得ない役って。


転落事故の背景にあった殴り合いは意味不明(苦笑)
発端は悪ふざけのじゃれ合いで思わず顔面にパンチが入り、それを受けた男子がプッツンしてそれが集団的要素として波及した結果なんだろうけど、バカだろこいつら。
自分があの場に居ても客観的に見てるな多分、暴力とかアホらしくて関わりたくないもん(笑)



「世界を変えることは、できますか?」

この問いに素直に出来ると答えれることは出来ないなぁ、自分は。
そう思いたいけど、この社会はそう思わせてはくれないほどに歪んで醜いことになってるわけで。
人1人は、世界の大きな流れの1つに過ぎないという現実………。



二話は明日っすか…、感想書くのに一週間かかってるよ~w
まだプロポーズ大作戦とか観れてないのになぁ……。

それと。
やっぱりフジ木10は1クール置きに面白くなるようです、個人的に。


↓click please



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ



Water Me
Water Me
BONNIE PINK



【CAST】
積木 珠子(30) ・・・・ 菅野 美穂


加地 耕平(24) ・・・・ 伊藤 淳史

大城 早紀(27) ・・・・ 真木 よう子
吉越 希美(25) ・・・・ 酒井 若菜
戸板 篤彦(29) ・・・・ 大倉 孝二
八幡 大輔(25) ・・・・ 水嶋 ヒロ
熊沢 茂市(45) ・・・・ 佐藤 二朗
雨木 音也(20) ・・・・ 五十嵐 隼士
宇田 昌史(30) ・・・・ 前川 泰之
大桑 久雄(40) ・・・・ 戸田 昌宏
日野 圭輔(?) ・・・・ 小市 慢太郎


瀬里 直之(36) ・・・・ 谷原 章介

藍沢 明日香(14) ・・・・ 志田 未来

雨木 真澄(53) ・・・・ 風吹 ジュン


≪2年3組≫
仁科 朋美 ・・・・ 谷村 美月
山田 加寿子 ・・・・ 鈴木 かすみ
須藤 彩佳 ・・・・ 柳田 衣里佳
山西 麻衣 ・・・・ 伊藤 沙莉
野部 千春 ・・・・ 山本 ひかる
兼良 陸 ・・・・ 冨浦 智嗣
本多 雅樹 ・・・・ 池田 晃信

洋食屋『ぶらじる』コック ・・・・ 土田 アシモ
洋食屋『ぶらじる』おばちゃん ・・・・ よしの よしこ

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

thanks!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

chronicler

Author:chronicler
ドラマレビュー中心のブログ。
ゲームの話題を主に扱っている、
Game Chronicles
を開設したのでそちらもよかったら。

ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いします。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

視聴中のドラマetc
カレンダー
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
BlogPeople
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
バロメーター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright ©最後に笑うのは誰か. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。