最後に笑うのは誰か

テレビドラマの事を書き綴っていくブログ。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

精霊の守り人 第九話 「渇きのシュガ」

2007.06.07

category : 精霊の守り人

今回の話は、シュガがサグムとのやりとりから、チャグム皇子の死に塞ぎこんでいるべきじゃない‥‥渇きの相が何故消えていないのか調べるべきだと決意するっていう流れ。


シュガ自身、自分の無力さに苦悩し、周りのあの何事も無かったかのように呆気らかんとする態度に当たってしまっていた。

そんなシュガを変えたのが、チャグムの兄であるサグム皇子。
過去のチャグムとの思い出話、そこで明らかにされるシュガという人物の信念。
今も変わらず、チャグムのことなど忘れたかのような最近のサグムの様子に今また苦言を呈するシュガの姿‥‥。
サグムがチャグムの遺品などを集めて処分していたと思ったら、実はそれを守ろうとしていたことも分かり、シュガは前を見つめる決意を胸に渇きの相を調べ始めた。


各地を周り作物の状況、川の水位などを細かく調べていった結果、渇きの相は薄れているという結論に至る。
しかし、その時あったある人物の言葉によりそうでは無いかと思ってしまうのだった、皮肉にも‥‥。
その人物はタンダだった。
ヤクーの教えの一つであるカマキリの卵の位置の話、そこから分かその後の状況。
だが、今の作物の状況などは明らかに豊作の様子でそれでは矛盾してしまうとシュガはタンダに聞き返すと、それは今後訪れる天災に備えて蓄えているのではとタンダは言う。

結果、皮肉にもシュガはチャグムは何処かで生きているのではと思ってしまうのでした。
タンダのバカ~ってわけでもないのかもな。
シュガはいづれチャグムまで辿り着くんだろうし、そこでシュガが宮廷との間でどういう行動をとるのかってのも楽しみなところ。


バルサたちには特に動きなし。
チャグムが徐々に暮らしに順応していってるなかで、次週はそのお話です。




 にほんブログ村 テレビブログへ


精霊の守り人
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

thanks!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

chronicler

Author:chronicler
ドラマレビュー中心のブログ。
ゲームの話題を主に扱っている、
Game Chronicles
を開設したのでそちらもよかったら。

ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いします。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

視聴中のドラマetc
カレンダー
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
BlogPeople
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
バロメーター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright ©最後に笑うのは誰か. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。