最後に笑うのは誰か

テレビドラマの事を書き綴っていくブログ。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24 -TWENTY FOUR- シーズン6 #17~18

2008.10.17

category : 24

trackback(0)

-- 収束かと思いきや… --

テロリストによる一連のテロ事件。
ファイエドが死に、スーツケース核爆弾も確保。

ジャック、凄すぎるだろw。
トラックの底部にしがみ付き、追跡。
そして、あの割と大量のテロリストを始末し、ファイエドを締め殺し。
カッコ良過ぎる‥‥もとい、無謀過ぎるw。

そんな中、まさかのオードリー生存の事実‥‥!!
さすがに自分も死んだと思っていた。
偽装で殺されたのは明白だけど、事故現場等の写真もあったし。
(手首のブレスレッドの跡までしっかりあったよね。)

それを受けてジャックは勿論、救出をすることに。
しかし、核関連の重要な資料?を渡せとジェン(ジャックを拉致した張本人)が言ってきて、
クロエに無理を言って入手してもらい、仕舞いにはウェインの協力を仰いで勿論、了承。

クロエはやっぱり、とことんツイてないよねぇ(苦笑。
さすがに今回は断るかなぁと思ってたら、ジャックに協力かぁ。
やっぱり‥‥何でしょう、ジャックとクロエって「戦友」なんでしょうね。
その代償はやっぱり大きく、結果的にはモリスと険悪な雰囲気(汗。

ウェインはというと、前話であんな決断をしたものの、実は、
考えがあっての事で‥‥自分もトムと同じく見くびっていた。
その甲斐あって、事件も解決。しかも今回の一件があってウェインは、
何だか一皮剥けた感がありますよねぇ、強気になったというか。

なのに倒れちゃうとは‥‥。ダニエルズを追い出せそうだったのに。
ジャックのオードリー救出へのCTUへの協力も却下‥‥。
ダニエルズ、マジ嫌い。秘書のリサの微笑も鼻に付くし。
まぁ微妙にエロいっすけどね。2人の関係を考えると特にw。

さて、ジャックの強行は上手くいくのでしょうか‥‥!?
スポンサーサイト

24 -TWENTY FOUR- シーズン6 #16

2008.10.14

category : 24

trackback(0)

-- ご乱心のウェイン --

ウェインどうしちゃったのよ(笑)。
アドレナリン投与し過ぎて、おかしくなっちゃったのか?
それとも、副大統領に色々言われて、我慢の限界にきたのか‥。

グレデンコは予想通りの行動に出ましたか~。
自分も、腕を切断するんじゃないかって思ったんですよ。
こういう奴らは、アメリカには屈しない。そのためなら、何でもする。
怖いねぇ。そこまでしてどうするんだろう。自身の忠を尽くす、か。

24 -TWENTY FOUR- シーズン6 #15

2008.10.14

category : 24

trackback(0)

-- グレデンコ、確保 --

ようやくグレデンコを確保です。
ブレイディもよく頑張りました。内心ヒヤヒヤだったけど‥。

ナディアの疑いが完全に晴れました。
ドイルは根までは腐っていなかったようで、まぁ一応謝罪しておこう(汗。
マイロとの関係は、う~ん‥‥悩ましいですね、クロエの表情然り。

副大統領は、ある意味ローガンより危険な存在、かと。
ジャックの言うように、第三次世界大戦が起きちゃうって、本当に。
ギリギリのところでウェインが昏睡状態から目覚めたものの、
まさか復帰を認めないと言う始末。確かに、不安な部分もあるけど、
副大統領‥‥本当にヤバいぞ。‥‥戦争したくて仕方ないんだな。

24 -TWENTY FOUR- シーズン6 #14

2008.10.14

category : 24

trackback(0)

-- 歴史は繰り返す --

アメリカの報復は間違ってる。
副大統領は、何をそんなに恐れているんだ?
そんな強硬手段に出たら、結末は自ずと予想できる。
しかも、核で報復。‥何も学んじゃいないな、アメリカは。
(副大統領の秘書が微妙に怪しく見えるのは気のせい?)

トムとカレンには手を取り合って、何とか阻止して欲しい。
そのためにはウェインが目覚めることが不可欠だけど、
妹は協力してくれそう‥‥少なくともカレンが頼めばね。

オードリーが死んでいたとは、これまた驚きだ。
おそらく中国政府側による抹殺なんだろうな。
もし、これが実はフィリップの命令だったりしたら‥。

ナディアが拘束された。‥‥スパイだとは思えないけどなぁ。
何でいっつも、ドイルみたいな奴が出てくるんだろう。
でも大体こういう奴には、悲惨な結末が待っているのが「24」。

24 -TWENTY FOUR- シーズン6 #13

2008.10.13

category : 24

trackback(0)

-- 最悪の取り合わせ --

ローガンとマーサの相性悪すぎ‥‥。
ジャックとニーナ並み。‥いや、それ以上かも。

でも、まさか刺すとは思わなかったなぁ。
キウイを切り刻んでる時に、確かに嫌な予感はしたんだけど、
前シーズンでもヒステリー気味で、かなり酷かったもんな‥‥。

ローガンの喋り方は、確かに癇に障るのは確か。
なんつーか、小バカにしてるように聞こえる。
吹き替え声優さんが非常に上手く演じている証拠ですね。

自らを生まれ変わったと言った、死に値する重罪人・ローガン。
そんな彼に待っていたのは、死。私的には当然の結果だと思っている。
それでも、愛すべき元(?)妻に殺されるってのはどんな気分なのだろう。

ローガンには気の毒な結末かもしれない。
Old |  to Blog Top
thanks!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

chronicler

Author:chronicler
ドラマレビュー中心のブログ。
ゲームの話題を主に扱っている、
Game Chronicles
を開設したのでそちらもよかったら。

ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いします。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

視聴中のドラマetc
カレンダー
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
BlogPeople
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
バロメーター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright ©最後に笑うのは誰か. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。