最後に笑うのは誰か

テレビドラマの事を書き綴っていくブログ。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【FFTA2プレイ日記】 最初の難関?

2007.10.31

category : 日常

comment(0) trackback(0)

FFTA2封穴のグリモア、あれからプレイ時間は24時間を超えたところです。
現在は下記のような感じ。

クエストレポートを見ると総クエスト数は400みたいなので、まだ10分の1しか
プレイしてないことになります。(どんだけ~なボリューム。
ストーリーの方は殆ど進んで無いですねw。
ていうか20時間以上遊んでるのに、公式サイトで紹介されてる固有キャラが4人しか
登場してないってどういうことよw。
そんな状況ですけど、今回個人的には最初の難関にぶち当たりました。

『ジングパール解禁』で戦うことになる流砂のヌシに最初に挑んだ時は、
全く勝てる気がしなかったw。
グラビティゾーンによる全体攻撃、引きずり込んで与えた分のダメージを吸収、
一緒に登場するアントリオンは無限増殖、普通に強くね?って感じ。

そこで、レベル上げしてジョブを鍛えていざリベンジ。
どんな戦略で臨んだかと言うと、6ユニットを2つに分けました。
3人は後方から回復で援護し、残りの3人は下に降りて地道に攻撃。
ケアルラを使えるユニットが2人は居ると楽ですね、3人居ればもっと楽。
アントリオンはさっきも言った通り、無限増殖するので基本無視。
自分は精霊使いのレニオーリアに、スリッピィレインっていうスロウの効果のある
攻撃であまりターンが回ってこないようにしましたけど。

そして地道に攻撃していって、ルッソの一撃で終了。
中々に、歯ごたえのある戦いでしたw。


キャラ(ジョブ)の成長が楽し過ぎですw。
クエスト請けてアビリティポイント貯めて、どんどん強くなっていって、
新しいジョブもどんどん増えていく。
仲間も増えてきて、どういう編成にしようか悩みどころですよ。
基本的には全員バランス良く使ってますけど、ひいきのキャラも出てくるもの。

ヴィエラ族のレニオーリアがお気に入りです、目指すはアサシン。(スナイパーも魔法
剣士も捨てがたい。
目下の悩みはアデルです、前衛型にしようか後衛型にしようか悩む。
自分は設定とか重視する人なんで、盗賊=シーフで何となく忍者にしようかなぁとw。
でも、忍者になるためにはシーフのアビリティを4つ極めなきゃいけないんだけど、
シーフの武器が全然登場しなくてなろうにも出来ない状況だったり(泣)。

そんなシーフの武器を生み出すべく、せっせとサブクエストを請け負う毎日。
ほりだしものシステムは最高だと思う、この要素のおかげでクエストへの
モチベーションが高みで保たれてるから。(それ以前に面白いが。
クエストクリア後にほりだしものをチェックするのが日課になってますもん、
臨んでいた物だったりするとテンションかなり上がるし。


働きマンまで、またダラダラとプレイしま~すw。


【1日1クリックが更新の励みになります♪】
 にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ


ファイナルファンタジー タクティクス A2 封穴のグリモア
ファイナルファンタジー タクティクス A2 封穴のグリモア
スポンサーサイト

ガリレオ 第3話 「騒霊ぐ(さわぐ)」

2007.10.30

category : 2007年10月期

comment(0) trackback(10)

う~ん、今回は前2話に比べて面白みが薄れたような‥‥。
このガリレオという作品に対しては、放送前から期待値的にかなりハードルを
高く設定していたわけです。
確かに面白いんだけど、何ていうか高めにハードルを設定した弊害なのか、今回は
ハードルに引っ掛かって倒してしまった、といった感じ(笑)。

個人的には1番の楽しみである『事件のトリック暴き』が、事件解決後に
パパっと説明が行われたのがマイナスですね。
湯川×栗林のやりとりで説明がされるのより、湯川×薫のやりとりで説明された
方が絶対良いと思うんだけど。そもそも『ポルターガイストだ』と騒いでいた薫
にトリックの謎を説明する描写が無いと、面白みも何も無い‥‥w。

まあ今回は、刑事である薫が真実から目を逸らさない心の強さと、湯川の何だかんだで
責任感があったり人の想いを組める人だっていう『人物』に重きが置かれてたので、
仕方無いんですがw。

最後の部分のおにぎりのくだりは良かったですよ。
「もう少し此処に居させてもらっていいか」と聞かれて、席を外す湯川。
この時点では『それはアンタに傍に居て欲しいって意味だろw』と湯川に言いたく
なりましたが、『おにぎり』によって薫の張り詰めた心が緩んで、涙がこぼれた
んでしょうね。

次週は香取慎吾が、(当然ですが)犯人役としてゲスト出演。
犯人が学者っていうと、古畑任三郎で福山が犯人役として登場した回をちょっと
思い起こすなぁ。(実際には学生なんだけどね、言いたいことは分かるでしょ?w


【更新の励みになります】
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ


【CAST】
湯川 学  福山雅治
内海 薫 柴咲コウ
草薙俊平 北村一輝
弓削志郎 品川 祐
村瀬健介 林 剛史
小淵沢隆史 福井博章
森 英太 伊藤隆大
渡辺美雪 高山 都
谷口紗江子 葵
栗林宏美 渡辺いっけい
城ノ内桜子 真矢みき


KISSして
KISSして
KOH?,柴咲コウ,福山雅治

ガリレオ (公式サイト)

モップガール 第3話

2007.10.29

category : 2007年7月期

comment(0) trackback(0)

今回は、キーボードを打つ手が全然弾まない(泣)。
だから観終わってすぐ書かずに、週明けにグダグダと書いているわけですが‥‥。

第3話では、議員殺害の真相を究明する桃子の活躍が描かれました。
犯人は、タイムリープ前なら殺されることになる議員・根岸小百合の秘書さんで、
特に捻りは無しでした。(次はちょっと捻ってくれw。

『女の友情はコンドームみたいなもの』とは大友も上手い事言ったもので、
もう少し早く秘書さんも気付けてればよかったのに。
そういやタイムリープ前では死ぬことになる人物の中では初めて、法律的にも
人間的にもアレな人物でしたねw。(あんな議員が実際居たら最悪ww。

今まで桃子は過去に戻らされる事を、死ぬはずの人を助ける使命だと受け取って
いると思われるんですが、今回の件で真実を追求する怖さを感じたはず。
だから、今自分がやっている事が正しいのかどうかという、矛盾というか疑問が
生まれ始めてきていると思う。
ただ人を助けるというシンプルな作りの中に、桃子の葛藤のような部分が絡み合って
いくと、もっと面白くなるのではと思ったりしてます。

次週はメイド姿の北川景子さんが拝めるということで、ファンは必見w。


【1クリックが更新の励みになります】
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ


【キャスト】
長谷川桃子 ‥ 北川景子
大友将太郎 ‥ 谷原章介
若山 朗  ‥ 高岡蒼甫
大河内日奈 ‥ 浅見れいな
横内 淳  ‥ マギー
中村 環  ‥ 渡辺夏菜
謎の女性  ‥ 堀まゆみ
片岡未樹  ‥ 池津祥子
東 重男  ‥ 佐藤二朗
長谷川隆冶 ‥ 本田博太郎


主題歌  ERIKA 「Destination Nowhere(仮)」

タイトル未定(初回生産限定盤)(DVD付)
タイトル未定(初回生産限定盤)(DVD付)
ERIKA

モップガール (公式サイト)

機動戦士ガンダム00 第4話 「対外折衝」

2007.10.28

category : アニメ全般

comment(0) trackback(38)

vlcsnap-12972.jpg

第4話は根谷美智子さん、‥‥リザ・ホークアイの声が聴けただけで充分ですわ
個人的には。(大好きなんでw。
王女であるマリナの側近のくせに、やけに生意気な上から目線で喋ってきやがるw。

今回はソレスタルビーイングを利用する諸外国のお話でした。
個人的には各キャラクターのバックボーンよりか、世界がどう変わって行くか
の方に興味があるんで、今回のような政治色の強い内容は至極歓迎。(まあ少数派だろうけど。

結局はユニオンとタリビアの策に、まんまとハマったというわけですね。
勿論、ソレスタルビーイング的にはそんなのどうでもいいわけだが。
他人よがりなのって好きじゃないが、自国を守るためのタリビアの首相の行動は
当然というか立派だが、他国に守ってもらってるどこぞの国が思い浮かぶ‥‥。

第3話での紛争終結は、結局解決とはいかず‥‥。
何百年と続いた争いがたった一度の行為で収まるなら、誰も苦労はしない。

次週からは、ガンダムマイスターの4人に本格的にスポットが当たっていくみたい。
まず最初はアレルヤ、さてさてどんな過去があるのかな‥‥!?


【1日1クリックが更新の励みになります♪】
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ


【CAST】
『ソレスタルビーイング』
刹那・F・セイエイ ‥ 宮野 真守
ロックオン・ストラトス ‥ 三木 眞一郎
アレルヤ・ハプティズム ‥ 吉野 裕行
ティエリア・アーデ ‥ 神谷浩史
スメラギ・李・ノリエガ ‥ 本名 陽子
イオリア・シュヘンベルグ ‥ 大塚 周夫
『ユニオン』
ビリー・カタギリ ‥ うえだ ゆうじ
グラハム・エーカー ‥ 中村 悠一
『アザディスタン王国』
マリナ・イスマイール ‥ 恒松 あゆみ
シーリン・バフティヤール ‥ 根谷美智子
『人類革新連盟』
セルゲイ・スミル


オープニングテーマ L’Arc~en~Ciel 「DAYBREAK’S BELL」

エンディングテーマ THE BACK HORN 「罠」


DAYBREAK’S BELL
DAYBREAK’S BELL
L’Arc~en~Ciel,HYDE P’UNK,P’UNK~EN~CIEL,hyde

機動戦士ガンダム00 (公式サイト)

『ファイナルファンタジータクティクスA2 封穴のグリモア』 面白すぎます!!

2007.10.28

category : 日常

comment(0) trackback(0)

お昼ぐらいから、気が付いたら6時間ぶっ通しでプレイしていましたw。
ちょうど電池切れが起きてふと我に返ったけど、そうじゃなかったらガンダム00を
見逃すところでしたよw。

タイトルにもある通り、本当に面白いの一言です。
Wiiのファイアーエムブレム(以下FE)をプレイしているからどうしても比較してしまって、テンポとか悪く感じるんじゃないかと心配していましたがそんな事は無かったです。
これと言ってストレスを感じる事無く、サクサクとプレイ出来ます。
ただ、エンゲージで何となく1クッション、‥‥いや0.5クッション置くような感覚が
あるような気もするんだけど、まあ気になる程でも無いかなと。

それにしてもSRPGのジャンル1つとっても、全然毛色が違って新鮮。
ロウの存在がまず1つで、ジャッジの居るクランではエンゲージにルールが設定されます。
前作をプレイしていないからどんな感じなのかと思ったけど、ある意味『空気』みたいな感じ。(と言うのも、氷属性禁止のルールがあるのにすっかり忘れてて、黒魔道士にブリザド使わせちゃったっていう失敗をしたので、ちょっとした嫌味ですがw。
ロウ自体は別に守らなくても前作であったらしい最悪なデメリットは無く、エンゲージ終了後にボーナスアイテムが貰えない&レイズやフェニックスの尾で戦闘不能者を生き返らす事が出来なくなるというものに変更されています。
FEのように死んだ者は二度と生き返らないなんてルールは無いので、そういう意味では
これといって痛みは無し。
勿論、自分は上記した失敗以外はちゃんとロウを守ってやってますけどね。
ボーナスアイテムが意外に前半だからか、良い物が貰えるので。

そしてジョブ、これがまたバリエーション豊かで悩みます。
まあまだ上級職に就けるほどでは無いんですけどね、ていうか女ヒュムはいつ仲間に
なるんだろう。公式の女用心棒の見た目がステキ過ぎなので、早く見てみたいw。
ジョブには固有のアビリティがあり、そして装備する武具にもアビリティがあります。
ショップで売られているものでは強さの限界があるんですが、それを補ってくれるのが
『ほりだしもの』
FF12であった『交易品』と似ていて、おたからを売って交易品が増えていくのがFF12、今作ではショップでおたからを自分で組み合わせて作って、ショップの品揃えを増やすといったようになってて、FF12もこのシステムにすれば良かったのにとか思ったりw。

そして、FF12をプレイしているとニヤリと出来る+αが随所にあって嬉しいです。
まさかいきなりバクナムス族が出てくるとは思わなかったよ、死都ナブディスでの
ウザさを思いだしたw。
『緑の…?』というクエストで流れた曲は、多分サリカ樹林の曲のアレンジ!?
崎元仁さん率いる『Basiscape』が音楽を担当しているので、今後もニヤリとする曲
が聴けそう。(今作の音楽最高♪

サブクエストに夢中で、未だにちょっと進んだカモアの町ですw。
早くトマト倒さないとなぁ。(FF12の最初のモブと同じトマトかな?


というわけで、万人にオススメな良作シュミレーションRPGといった感じです。
ロウシステムがどうしても受け付けない方は仕方ないですが、コツコツorチマチマと
プレイするのがお好きな方は特に、買って損ナシ。
というより、年末はこれ1本で充分かと。(とか言って、来週マリオギャラクシーを
買うんですがねw。


【1日1クリックが更新の励みになります♪】
 にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
Old |  to Blog Top
thanks!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

chronicler

Author:chronicler
ドラマレビュー中心のブログ。
ゲームの話題を主に扱っている、
Game Chronicles
を開設したのでそちらもよかったら。

ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いします。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

視聴中のドラマetc
カレンダー
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
BlogPeople
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
バロメーター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright ©最後に笑うのは誰か. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。