最後に笑うのは誰か

テレビドラマの事を書き綴っていくブログ。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンクエストソード 「鏡の塔に待ち受けるものとは‥‥!?」

2007.07.31

category : 日常

comment(0) trackback(0)

ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔
ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔

実際にはもう最後の章をプレイ中ですが、「第五章 ~決断~」をレビュー。



ヒルダを追って「鏡の塔」を進んでいくエッジたち‥‥。

この鏡の塔で初めて、「死ぬかも‥‥!!」って状況に陥りましたよ(汗)
うっかり「オリハルコンのさじ」を装備していて、この盾(?)はガードの範囲が小さな円程度。

それでこのステージに登場する、馬?に乗った『がいこつ剣士』。
こいつの突進攻撃のガードをミスると、ノックバック状態にされちゃうんだけど、後方からの突進になら赤い的に盾を合わせることは容易い。しかし、前方からの突進の場合、盾をポイントする時間があまりにも短い、勿論オリハルコンのさじだからだけど。
その結果、ノックバック地獄に陥り、必殺剣のメーターも溜まっていない。その時連れていたセティアは、まだ小悪魔のキッスを憶えていなくて攻撃不能。どうすればいいんだぁと諦めていた時、偶然に盾でガード出来てなんとか倒せたよ。(呆気ないオチですいませんww)

オリハルコンのさじ‥‥。これはやりこむ時と、ボーナスの加算を目的とする時以外は装備しない方がいい‥‥。(苦笑)
とか言いながら、そのまま進むエッジ一行。



さて、不思議なこの鏡の塔。
1番最初の分岐点では、何故か階段が途切れていて進めない。なので左へと進むと、また分岐点。確かここでは、左に進むとメイジドラキーがたくさん出現して、右に進むとメイジキメラがたくさん出てきた記憶有り。

メイジドラキーは駄目だ、大っ嫌いだ~!!!
こんなにドラキーに苦戦するなんて‥‥、グルグル回りやがってヒット率気にせずリモコン振り回してやったよw
見てろよドラキー系のモンスターたち、DSの本編ではボッコボコにしてやるからな~!!
ソードでは勝負を諦めて、魔法で一蹴が良いよ♪(苦笑)


分岐点を進むと、エレベーター?で雲の上を突き抜けて上の階を進む。
ゴーレム‥‥じゃなくて、ストーンマンとの戦闘が至極楽しい♪
基本的にはボスで登場したゴーレムと一緒なんだけど、連続パンチを全て防がない限り、ダメージを与えることが出来ないのです。オリハルコンのさじで、パーフェクトにガード出来てちょっと嬉しかった。
更に進んでいくと、行き止まりに。
ここでの謎のメッセージの意味が分かんない。持ち物を空にして挑めってことなのかな?
これってもしかして裏ボスとの関係かもなぁ、あとで確認してみよっと。



そして1番奥へ進むとそこにはヒルダが居て、謎の呪文を唱えている。
魔王ブランドの仮面を斬れって言うからヒルダの顔に向けて剣を振り仮面が割れると、逆に大変な事態が発生&重大な事実も判明!!

実はヒルダは仮面に操られていたのではなく、魔王を封印しようと模索中だったようなのです。
5年前の魔王との戦いの際、ヒルダの中に入り込んだ魔王・ジェイム
セティアが「魔王ブランドの仮面」と呼んでいたあの仮面が、実は魔王を封印する唯一の道具である「封印の仮面」で、その王族に伝わる伝承を思い出したヒルダは、その仮面を付け始めた。
しかし、エッジが仮面を割っちゃったので、ジェイムが出てきちゃったと(笑)


魔王・ジェイム復活!!!、
‥‥そしてこのステージのボス・アークデーモンの登場~!!
こいつは後ろに引っ込んで結界を張って回復したり、連続攻撃が結構ハードだったり、ベビーサタンが湧くように出現して色々と楽しかった(笑)
槍での連続攻撃さえしっかりガードして地道にダメージ与えて、必殺剣も食らわせれば特に手こずる敵じゃない。イオナズンをわざと受けてみたかったなぁ、どんぐらいダメージ受けるのかと若干思ったり‥‥ww

アークデーモンとの戦闘に勝利すると、イベント発生!!
地響きが起こり、ブレイゲ山の反対側の山(ジェイム山 by町の兵士)が噴火し、そこに魔王の城が現れた‥‥。

しかし、魔王の城に向かうためには溶岩の海を越えていかなくてはならない。
それに魔王と唯一渡り合える「封印の仮面」は割れてしまった、そんな仮面が光を放つ‥‥!!
そしてナッジ老師の話から、「鏡の世界」の存在が明らかになり、エッジたちは封印の仮面を元に戻すために鏡の世界へと向かうのだった‥‥。


次回は六~七章を合わせてレビュー予定。



 にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ
スポンサーサイト

「ドラゴンクエストⅣ、Ⅴ、Ⅵ」がニンテンドーDSでリメイク決定!!!

2007.07.31

category : 日常

comment(0) trackback(0)

何ヶ月か前にスクエニの和田社長が「ドラクエのリメイク」についての話をし、実はそれは失言だったと聞いた時は、だったらファンを期待させるようなことを言うなよと落胆してその事を記事にもしなかったけども‥‥、


天空シリーズのリメイクが大決定!!!


もうねぇ、嬉しいというより感激っすよ♪
これだったらFF3買わなきゃよかったかな、発売されるの知ってたら我慢したっつーのww

こちらはスキャン画像


「?」は過去にPSでリメイクされていて、多分それの移植かな。
自分がドラゴンクエストシリーズでプレイしたことがないのが「1」と「2」、そしてこの「Ⅳ」。(ファン失格‥‥)
そう考えるとさぁ、自分にとってはドラクエの新作なんだよね。スキャン画像を拝見する限り、町の感じとかが?の雰囲気を感じる。DSでもこれぐらいのは出来るんだ~、グラフィックは?より全然良い感じ。


「Ⅴ」は記憶に新しいPS2でリメイクされていて、勿論プレイしました。それが始めてのドラクエ?だったんで。
結局これも買っちまうんだろうなぁ、名作は何度でもプレイしたくなるのです。
それにDSで「Ⅴ」がどう生まれ変わるのかも楽しみだし。


そして「ドラゴンクエストⅥ 幻の大地」。
正式タイトルまで紹介して明らかに扱いが違うって!?
そりゃ当然、初めてプレイしたドラクエなんだから思い入れが他の作品とは違うもん(笑)
一度もリメイクされていないわけで、何年も何年も待ちに待ってたよ。
俺はこの作品大好きなんだよ、世界観とかキャラクターとかまとめて大好き。ただ勿論、(正確には違うけど)2つの世界を行き来するっていうのでゴチャゴチャっとしてる部分もあったし、今回のリメイクでどの程度の調整が入るのかってのも興味深い。


まあ出来に関しては3作品とも心配する必要は無いね、ドラクエをよく知ってるアルテピアッツァが開発を担当しているので。それにⅣ、Ⅴのリメイクを過去に担当しているので、大好きなⅥもしっかり料理してくれると大いに期待しています。

それにしても、どういう流れで発売していくんだろう‥‥。
考えられる流れとしては、Ⅳ→Ⅴ→Ⅸ→Ⅵの順番なのかなぁと。それとも最新作を発売して、天空シリーズを連続で出すのか‥‥。
どうなるにせよドラクエを4本もプレイ出来る喜びだけで充分ですけどね、本当に持ってて良かったニンテンドーDS(笑)
まずは今冬の?、楽しみにしてましょう♪



 にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ

ようやくカドゥケウスを購入

2007.07.31

category : 日常

comment(0) trackback(0)

一昨日は選挙でしたなぁ。
自分は投票に行ってませ~ん、ていうか行けません。確かに今年で20歳なんだけど、残念ながら誕生日はまだちょっと先。投票日の翌日までに20歳の誕生日を迎える人までが、選挙権を与えられるそうです。
せっかくやっと投票できると楽しみにしてたんだけどなぁ、まあ仕方ないか。


タイトルにもある通り、ネットオークションでとあるゲームをしかも2本も落札しちゃった、まだ届いてないけど‥‥。
ちょっとした夏期休業中なので、今はゲームをする時間は結構あるのでまあいっか。


カドゥケウスZ 2つの超執刀
カドゥケウスZ 2つの超執刀

1本目は『カドゥケウスZ 2つの超執刀』。
いつまで経っても中古が安くならず、プレイした人たちが手放したくないほど面白くて、出荷自体がそう多くは無いからだろうってのが容易に想像出来るカドゥケ。
だから安くなるのを待ってられずに、新品なのに安いのを偶然発見したので落札というか購入。

これは先日もちょっと取り上げたように、Wiiのやりたい!!と思ったローンチタイトルの内の1本。(もう1本のゼルダは、既にプレイ済)
この手術ゲーはずっと昔から求めてた、そしてやっとWiiで夢の手術アクションが体験出来るとはもう嬉しくてしょうがないです♪
ドラクエソードと並行してプレイ&レビューしていきます。



ファイナルファンタジーIII
ファイナルファンタジーIII

なぜ今、一年前に発売された「FF3」なのかって話だけど、無性にRPGをやりたい気分なので。
本当はドラクエ?の発売までRPGは我慢する気だったんだけど、まあこの気持ちは止められなかったよ‥‥w

据え置き機だとWiiはそのジャンルは皆無だし、PS2はやりたいソフトも無いし閉まっちゃったから、ドラクエのリメイクでも発売されない限りは引っ張り出す気はない。
ていうわけで寝ながらゴロゴロ、しかもシリーズ屈指の名作をプレイしようとFF3ですよ♪
どんな作品なんだろう、凄い楽しみだ。



 にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ

探偵学園Q #4 「ネットの恐怖からメグを救え」

2007.07.30

category : 2007年7月期

comment(0) trackback(0)

めちゃめちゃ面白いな、探偵学園Q。
じゃあ何故レビューが一週間も遅れるの?ってツッコミは、勘弁してね(汗)

今回の「殺人コレクター」にまつわる事件、謎と伏線が結構ある。前回とは大違い(笑)
そもそも、メグを装ったあのブログと今回の事件の繋がりは何なのか?殺人コレクターとブログを書いてる人物は同一人物なのか、んじゃあ一体誰なのか‥‥。(ブログの件は一切自分には分からなかったので、以下全く触れていませんww)


本家の亀田兄弟ばりのイカれたメンチを切る亀田は殺され、リュウに一目惚れした朝吹さんも、多分胸を一突きで殺された。
「如何にも怪しい人物は1番怪しくない」ってセオリーに則るなら、佐久間は違うよな。富永はキャラ的にも存在薄いから違うよな、多分。


ってことで、遠矢さんが気になる存在だなぁ。
殺人ビデオの生中継をリュウに知らせに来たことに、何か違和感を感じるんだよなぁ。それに、小椋絵美菜のことで何かを知ってる感じだったし‥‥。

失踪した小椋絵美菜が実は1番怪しい、そもそもなんで失踪したのかって話だよ。
殺人コレクターの背格好、キュウの指摘した『犯人は知能の高い何者かの計画的な犯行』ってのに当てはまる、だから私的には犯人なんじゃないかと疑ってる次第です。
殺された亀田に恨みを持ってるはずだし、朝吹さんにも何かしらの恨みがあったんじゃないかな?
スプラッター好きが2人も居るってのも、何か事件と関係してる気がする。もしかしたら、遠矢さんも富永もスプラッター好きなんじゃないか?(笑)



そして、今回の2つの殺人での謎。
亀田が殺されたあの映像で何故犯人は、あの台の上にカメラを置いての撮影にこだわったのか。考えるに、逆からの撮影だと何か映ってはいけないものが映ってしまうからって可能性があるからかなと。
もう1つ、時計台を映す必要があったんじゃないかなと。
犯行を7時と印象づけて、自らのアリバイを作るためにとか。まあそれだと、小椋絵美菜が怪しいってのに無理がある展開になっちゃうけどww

朝吹さんが殺された生中継の映像も、ちょっと変だよなぁ。
刺された朝吹さんの目の辺りが腫れたように赤くなってたけど、あれって血液が回ってないから起こる現象じゃなかったっけ?胸を一突きにしたからって、ああいうことにはならないだろ。
この2つの殺人に共通するのは、『映像』を使ってのトリックなんじゃないかな。(違ってても弁明はしませんww)

まあそれを解くのは探偵学園の皆さんにお任せします、わたくしめの推理ごっこはこれが限界なので~す(苦笑)



【CAST】
連城究(キュウ):神木隆之介  
美南恵(メグ):志田未来   
天草流(リュウ):山田涼介(ジャニーズJr.)
鳴沢数馬(カズマ):若葉克実
七海光太郎:山本太郎
ケルベロス:鈴木一真
ミス・ユリエ:奥貫薫
猫田刑事:星野源
植村はるか:秋田真琴(ミス立教)
諸星警部:斉木しげる
遠山金太郎(キンタ):要潤
団守彦:陣内孝則


【オープニングテーマ】
FLOW 『Answer』

【エンディングテーマ】
the brilliant green 『Stand by me』


 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

L'Arc~en~Ciel、『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』の主題歌を担当

2007.07.30

category : L'Arc~en~Ciel

comment(0) trackback(0)

L'Arc-en-Ciel Official website

teっちゃんが最近のガンダムも好きなのかは知らないけど、ガンダムファンだからやっぱり嬉しいだろうなぁ。
ってことでその新曲『DAYBREAK’S BELL』、teっちゃん作曲の可能性大!?

最近の楽曲の雰囲気とこの「ガンダム」って作品を考えると、何となくだけど結構ダークな曲に仕上がってるんじゃないかなぁ。
ていうかそれが私的な希望です、ここらでそっちのタイプの曲も欲しいのが本音。それでアルバムがどんな感じになるか分かるし。

となると11月のシングルは『SHINE』ってことなのかな。
でも「精霊の守り人」はこの夏クールまでだし、リリースするならアニメの放送に合わせるもんだよね普通は。となるとSHINEはアルバムに収録して、11月のシングルは他の新曲の可能性が高そう。



それで『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』なんだけど、自分はガンダムは好きでも嫌いでもないが、「ガンダム」と名の付くあらゆる作品を一度も観た事が無い(苦笑)
観たいとは思ってるんだよ、特に初期のアムロやシャアが登場するやつは。
まあ一度も観ていなくてもこのダブルオーは、過去の作品との繋がりは無いみたいだから、そのへんは大丈夫っぽいけど。

たださぁ、最近のガンダムってかなり批判されてる感じがするんだけど‥‥。
属に言う『腐女子向け』っていうの?そっちの人にはウケは良いみたいだけど、古参のガンダムファンからすれば「こんなのガンダムじゃねぇ」みたいなことになってるようで。
まあこれは長く続く作品&人気シリーズの宿命と言いますか‥‥、アニメでもゲームでもコミックでも音楽でもそういう新たなファンが増える一方で、古き良き頃から変わっていっちゃうってジレンマがあるからねぇ‥‥。


監督は水島精二さん。
そう、自分がハマりにハマった『鋼の錬金術師』の監督さんですよ♪
しかも公式サイトで公開されているTV-SPOTの映像の最後のナレーションって、朴さんなんじゃないの!?
公表されてないから分からんけど、あの声は朴さんだよ間違いなく。

ってわけでラルクと水島さん、そして(断言は出来ないが)朴さんとハガレントリオ(勝手に命名w)が揃ってるっぽいので、ハガレン並に質の高い作品を期待しておきます。
一年間観続けるかは、まずは観てからの印象次第。


とりあえず早く聴きたいぜ、『DAYBREAK’S BELL』を♪



 にほんブログ村 テレビブログへ
Old |  to Blog Top
thanks!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

chronicler

Author:chronicler
ドラマレビュー中心のブログ。
ゲームの話題を主に扱っている、
Game Chronicles
を開設したのでそちらもよかったら。

ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いします。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

視聴中のドラマetc
カレンダー
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
BlogPeople
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
バロメーター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright ©最後に笑うのは誰か. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。