最後に笑うのは誰か

テレビドラマの事を書き綴っていくブログ。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精霊の守り人 第十三話 「人でなく虎でなく」

2007.07.03

category : 精霊の守り人

comment(0) trackback(0)

今までの回で1番印象的な回でした。


バルサが今まで見せた事が無い、怒りに満ちた顔。
関係の無い人を巻き込み、守るべきもののためにも黙って斬られるわけにはいかない。

バルサは、…虎になった…。
公式サイトのストーリーの欄に、『眠っていた野生が目覚め始めてきた』ってあるけど、自分はそうは思わなかった。
カンポのやることに怒りが沸点に達したから、カンポを斬ったんだと思う。ああ、それが野生ってやつなのか…。

その斬られたカンポは抜け殻のようになっちゃったけど、要はカンポを斬ったのではなくカンポの心、邪の心を斬った…みたいなことなのではないかと。

『人でなく虎でなく』、確かにそう思わせるバルサの形相だった…。


とにかく今回は、バルサの迫力に圧倒されたわけです。
次回はやっと大好きなファンタジー色の強い内容で、かなり嬉しい~!!



 にほんブログ村 テレビブログへ


精霊の守り人 公式HP


愛しい人へ
愛しい人へ
タイナカサチ,安部潤,小山晃平
スポンサーサイト

精霊の守り人 第十一話 「花酒をタンダに」

2007.06.18

category : 精霊の守り人

comment(0) trackback(0)

タンダ、ナユグへ‥‥な十一話でした。

トーヤとサヤがそういうことなるかぁ、いやもうそうだろうと思ってたよ(笑)
温かいエピソードが続くねぇ。
チャグムのバルサ&タンダを見る目も意味有り気w


もう大体折り返し地点も近くなってきたけど、これってちゃんと25話で完結するのかね?
これはシリーズものの1番最初の話だから、完結とかじゃないか‥‥。
ナユグの謎とか卵のこととか、全部明かされるわけじゃないのかなぁ。



精霊の守り人 公式HP


愛しい人へ
愛しい人へ
タイナカサチ,安部潤,小山晃平

精霊の守り人 第十話 「土と英雄」

2007.06.10

category : 精霊の守り人

comment(0) trackback(0)

やるじゃんチャグム、そんな話でした(笑)


暮らしに慣れてきているように見えるチャグムに対しバルサは、賢すぎて息が詰まってしまうと心配。
そこで、ほとぼりもさめ街に戻ってきたトーヤに、街の暮らしに馴染ませようとちょっとした荒療治を考え、彼に頼むのでした。

それは何かと言うと、頼まれ屋の仕事
そこで賭博をしている現場に出くわす2人。
トーヤは社会勉強だと参加するが、賭けに負け1ルガルを失ってしまう。
これも社会勉強さとすごすご退散するトーヤだったが、チャグムはなんとこれがイカサマだということに気付いたのだ。(なんて賢い子ww)

それを知ったトーヤは腹が立ち賭けたお金を取り返そうと胴元たちに文句を言うが、あっさり追い返されてしまう。
自分のお金のことより、これ以上参加している人がお金を巻き上げられないように出来れば‥‥と言うトーヤ。
それを見たチャグムはさすが元・皇子なだけに、その正義感からか賭博に参加するのでした。

ここからチャグム節炸裂ww
愚かな、愚民、結構ぼろくそ言いいながら、なんなくイカサマを証明してみせた。
それに対して胴元は、一対一の勝負を申し出た。
チャグムが勝てば今まで巻き上げた全てのお金を返す、しかしチャグムが負ければ首飾りを貰うと‥‥。
これが謎なんだけど、何で胴元はこの首飾りを指定したんだろう?
チャグムが大事そうにしていたからか、高そうだと思ったのか。

そして勝負の結果はと言うと、チャグムの勝ち!!
チャグムはお金を取り戻し、首飾りを強く握り締めた
こう考えると、胴元が首飾りを指定したのは、チャグムが大事そうにしていた首飾りを賭けた上での真剣勝負がしたかったのでは?と思う次第です。(勿論、母親からのなんてことは胴元は知らないのだが)


トーヤより優秀なチャグムなのでしたww


次週は今回話に出ていた、サヤの嫁がどうちゃらこうちゃらってのが本当になる?って話。
そして今回とは一変し、ファンタジーな感じでタンダピンチでそのときバルサはどうするのか‥‥!?
楽しみです♪


これからライアーゲーム観ますw




精霊の守り人 公式HP


声が良いと思うなぁ。

愛しい人へ
愛しい人へ
タイナカサチ,安部潤,小山晃平

精霊の守り人 第九話 「渇きのシュガ」

2007.06.07

category : 精霊の守り人

comment(0) trackback(0)

今回の話は、シュガがサグムとのやりとりから、チャグム皇子の死に塞ぎこんでいるべきじゃない‥‥渇きの相が何故消えていないのか調べるべきだと決意するっていう流れ。


シュガ自身、自分の無力さに苦悩し、周りのあの何事も無かったかのように呆気らかんとする態度に当たってしまっていた。

そんなシュガを変えたのが、チャグムの兄であるサグム皇子。
過去のチャグムとの思い出話、そこで明らかにされるシュガという人物の信念。
今も変わらず、チャグムのことなど忘れたかのような最近のサグムの様子に今また苦言を呈するシュガの姿‥‥。
サグムがチャグムの遺品などを集めて処分していたと思ったら、実はそれを守ろうとしていたことも分かり、シュガは前を見つめる決意を胸に渇きの相を調べ始めた。


各地を周り作物の状況、川の水位などを細かく調べていった結果、渇きの相は薄れているという結論に至る。
しかし、その時あったある人物の言葉によりそうでは無いかと思ってしまうのだった、皮肉にも‥‥。
その人物はタンダだった。
ヤクーの教えの一つであるカマキリの卵の位置の話、そこから分かその後の状況。
だが、今の作物の状況などは明らかに豊作の様子でそれでは矛盾してしまうとシュガはタンダに聞き返すと、それは今後訪れる天災に備えて蓄えているのではとタンダは言う。

結果、皮肉にもシュガはチャグムは何処かで生きているのではと思ってしまうのでした。
タンダのバカ~ってわけでもないのかもな。
シュガはいづれチャグムまで辿り着くんだろうし、そこでシュガが宮廷との間でどういう行動をとるのかってのも楽しみなところ。


バルサたちには特に動きなし。
チャグムが徐々に暮らしに順応していってるなかで、次週はそのお話です。




 にほんブログ村 テレビブログへ


精霊の守り人

精霊の守り人 第八話 「刀鍛冶」

2007.05.27

category : 精霊の守り人

comment(0) trackback(0)

今回のエピソードは、いつにもまして重厚というか落ち着いてたなぁ。

語弊があるかもしれないけど最近、良い意味でバカなアニメしか観た覚えがなかったから、精霊の守り人のような大人な落ち着きのある作品は私的に嬉しい。



ってわけであらすじと感想です。


ある刀鍛冶のもとへチャグムを連れて出向いたバルサ。

この鍛冶は町でのバルサの噂を聞いていたようで、もし帝に弓を引いたのならバルサには協力出来ないと。
それでもバルサは、真実を語ろうとはしなかった。


はいここで‥‥、最大のピンチが待っていました!!

客人が来ると言われ、隣の部屋へ移ったバルサ(チャグムも)が隙間から見たものは、なんと激闘を繰り広げたあの狩人のモンとジンだった。

鍛冶が裏切ったかと思うような言動であちゃーと思ったら、そこで鍛冶がジンを止め、話を始めた。
刀の話や夢を語ったり‥‥。
その中で出てきたある武人の話。
このエピソードがバルサの現在までの境遇と驚くほど似ていたが、1つだけ違う点があった。


追っ手を斬ったか斬らなかったかという点だ。


その武人は追っ手が苦楽を共にした仲間でありながら斬り、その後の人生そのことを悩みながら死んでいったのに対し‥‥,
バルサはというと、誰一人として斬ることは無かった‥‥。


そして彼らが帰り、鍛冶はバルサの槍を打つことを引き受けたのだった。


ってわけで、危なかったねぇ(苦笑)
鍛冶は、その武人=ジグロが連れていたのがバルサだっていうのを知ってるんだろうか?
知らずとも何かを感じてるのかは謎‥‥。

狩人たちが悪い奴じゃないのもまた面白いところだなぁ。
バルサが彼らを斬らなかったのは、過去のことが大きいだろうが、彼らがチャグムを思っていることを汲んでいたからなのかもしれない。


次週は、乾きの相に気付いたシュガ視点のお話。




 にほんブログ村 テレビブログへ
Old |  to Blog Top
thanks!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

chronicler

Author:chronicler
ドラマレビュー中心のブログ。
ゲームの話題を主に扱っている、
Game Chronicles
を開設したのでそちらもよかったら。

ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いします。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

視聴中のドラマetc
カレンダー
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
BlogPeople
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
バロメーター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright ©最後に笑うのは誰か. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。