最後に笑うのは誰か

テレビドラマの事を書き綴っていくブログ。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OLにっぽん 第1話

2008.10.09

category : 2008年10月期

tags : 観月ありさ

trackback(0)

-- 阿部サダヲの立ち位置が痛快 --

個人的にはそれに尽きる。
総務の面々を小バカにしたあの態度、非常に痛快。

アウトソーシングにより派遣されてきた中国人2人の設定も秀逸。
あれがひ弱な性格だったら、非常に退屈な作品になっていただろう。
モロさん演じる野呂と、ヤン・ヤンの対立はすげー笑える。

ハケンの品格の時も思ったが、いささか極端な演出が多いんだよな、中園作品って。
最初の派手なカンフーシーンとか、一切この作品の情報を入れずに視聴したので、
「えっ?何のドラマ!?」と思わずにはいられなかった。もっと短く出来るだろ、と。

最後の、「すっぴん」で出社はどうなのよ?それこそ本当に極端(笑。
いや別に、そこに影響される必要は無いんじゃなかろうか‥‥。
(まぁそりゃ、世の女性がメイクをせずともみんな美人なら最高だとは思うが)
それよりも、美波の化粧の濃さを誰かが指摘するべきだと思うんだ。
それと、すっぴんを見ての周りの驚きっぷりもちょっと大げさな気が。

観月ありさは何となく、「斉藤さん」を経て一皮向けた感があるような。
これまでは、「ナースのお仕事」の呪縛みたいなものがあった気がするんだ。
それが、「斉藤さん」という非常に強烈なキャラクターを演じたことによって、
コメディ系の枠を超えて、ようやく大人の女性を演じれるようになった気がする。

これまでこの水10枠で働く女性を描いた作品は、どれも良く出来ていた。
今回も、「ハケンの品格」と同じく中園ミホが脚本を担当しているし、
1話を観終えた段階では、安定した内容が期待出来ると個人的には思った。
スポンサーサイト

#6 ドラマ実記 (斉藤さん&交渉人)

2008.01.11

category : 2008年1月期

tags : 観月ありさ 米倉涼子

comment(3) trackback(0)

斉藤さん 第1話公式HP

ミムラのために毎週観ます。以上です(笑。
さすがに簡潔過ぎるかw。自分はフジの月9『ビギナー』を観てから、
ミムラのファンになりまして。(そもそもデビュー作でしたからね。
(変な意味の方では無く)最近は全く露出が無かったので、久々に観れて嬉しいのです。

作品自体も『斉藤さん』と謳ってはいるものの、実質は真野若葉(ミムラ)の成長物語。
設定的にはスタンダードなものですね。暴れん坊ママが記憶に新しい、園ママの上辺の
繋がり。若葉とその子供はそこに飛び込む訳ですが、前の幼稚園でのトラブルの事があり、
若葉は波風を立てないようにという事しか頭に無く、世間体を気にしてばかり。

そんな状況を救ってくれたのが、他ならぬ斉藤さん(観月ありさ)。
それでも若葉は自分の意見を言う事が出来ず‥。徐々に変化していくっぽい。

視聴前は、観月ありさに主演の器はもう無いだろうと思っていた。
タバコが頬に当たり抗議するシーンで、後々に怖くて寝れなかったという話を聞くと、
確かにそういった弱さを表現出来ていたと思う。今後も見守ろうと思います。

特に不満という部分も無く、恐ろしいほど無難な作品なんですけど1点だけ。
市議会議員の息子役・柳川正義を演じる山田親太朗の演技が、恐ろしく酷い‥‥。
調べてみたら、山田優の弟だってさ。これから毎週彼の演技は絶対笑っちゃうわ(苦笑。


交渉人 ~THE NEGOTIATOR~ 第1話  (公式HP

無駄の多いドラマ‥‥そんな印象です。
取って付けたように宇佐木玲子(米倉涼子)の生活感を描いているシーンは、
その極みだと思うんだ。
ストイックな交渉人パートの合間に良いクッションになってるという受け取り方は、
自分には出来ない。ただでさえテンポが悪いと感じてるのに、更に緩くなって最悪。
妹も必要無い、まあバーターとしてオスカーが企画段階で条件付けしたんだろうが。

シナリオ自体は宇佐木というより米倉涼子ありきで、無駄に魅せる演出多し。
ろう城した一室の傍に行き、ドア越しに交渉ってアリなのか?
全体的にアクティブだよな、まあ女性交渉人って事でそういう演出ってところか。
そもそも交渉人の実情は自分ら一般人じゃ分かりかねるし、今までのイメージは
踊る大捜査線のスピンオフ作品「交渉人 真下正義」っていう人は案外多いと思う。
という自分もそうなので、連ドラで交渉人が描かれるっていうシナリオは、単純に
新鮮かつ魅力的なのは確かです。


ドラマの内容はまあ良いとして、サウンド面が微妙過ぎて泣けてくる。
全然緊迫感を煽ってもくれないし、どこか間抜けな印象を受ける。
最近ドラマに於ける音楽の重要性というのを、再認識した矢先なので余計に‥‥。
主題歌の湘南乃風の『黄金魂』とかはもう、人選した人が悪いよなぁ‥‥。

ちなみに初回視聴率は、篤姫を除けば1月期トップの数字。(現時点ではねw。
基本的に視聴率に関しては、楽しんでいる作品が打ち切りにでもならなければ
どうでもいい人間なのでいつも気にはしてないが、次週、米倉涼子が下着姿を披露
して、視聴率がどう推移するのかというのは妙に気になる。多いと思うぞそんな人(笑)。
thanks!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

chronicler

Author:chronicler
ドラマレビュー中心のブログ。
ゲームの話題を主に扱っている、
Game Chronicles
を開設したのでそちらもよかったら。

ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いします。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

視聴中のドラマetc
カレンダー
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
BlogPeople
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
バロメーター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright ©最後に笑うのは誰か. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。