最後に笑うのは誰か

テレビドラマの事を書き綴っていくブログ。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斜め上をいく「薔薇のない花屋」

2008.03.07

category : 2008年1月期

tags : 香取慎吾 竹内結子

trackback(1)

終盤を迎え予想通りではなくなってきた。

ビデオレターに「友人」として登場した英治(香取慎吾)。
登場してない人物…おそらく女性だろうと思っていたから驚いたのもあるが、
英治と「彼女」がまさかこんな関係だとは全く頭になかった。
今思えば「彼女」っていう人物名でヒントを与えてた訳だ、野島氏は。

そして新たに登場した神山舜(玉山鉄二)。
おそらく雫の本当の父親(?)だろうと思うが、
コイツと英治の関係には何となく嫌な予感が…。

同じような過去があるんじゃないのかな。
英治が過去にネグレクトを受けたっていうのがキーワードか。
舜も両親だっけ?…の話を彼女に振られ冷徹な一面を見せたようだし、
例えば…ネグレクトを受けた2人が引き取られて施設で出会ったとか。
まさか肉親とかいうオチはないだろうが(苦笑。

他には英治の言動が偽りだったのかっていうのがちょっと衝撃。
雫を納得させるためのあの言葉こそ本音だったんじゃないの?
「人にやさしく」がモットーな英治だけどそれも結局のところ、
周りの人間の優しさを利用するための策な気がしてならない。

英治の言動は信用しないのが吉だ。
そうなってくると美桜(竹内結子が心配になってくる訳だが。

野島氏はどういう結末を用意しているんだろうか。
胸くそが悪くなるのは勘弁。でもこの人ならやりそうだw。
スポンサーサイト

#12 ドラマ実記 (薔薇のない花屋&斉藤さん)

2008.01.25

category : 2008年1月期

tags : 香取慎吾 竹内結子 ミムラ

comment(4) trackback(0)

薔薇のない花屋 第2話 (公式HP

まさかの元ホストも院長の差し金‥‥。

木村拓哉が言ってたように、誰を信じていいのかよく分からなくなってきた(苦笑。
今回のメインの菱田さん(池内淳子)だって、もしかしたら,と考えてしまう‥‥。
人を疑いだすときりがないが、そんな人間のボーダーラインを野島氏は突いてくる。

話の展開は大体読めてきた。
以前予想したように、『彼女』は間違いなく院長の娘。
その彼女と出会った頃の英治(香取慎吾)は、今の英治とは正反対の人間。
そんな彼女と出会い、徐々に変わっていった英治だったが、彼女は雫を産んで死去。
院長は、(言い方悪いが)娘を殺したのは英治だという風に考え、復讐に打って出る、と。

そして、院長の放った差し金たちは英治に近づいていく。
美桜(竹内結子)に関しては、父親の手術は私じゃなきゃ成功しないとか院長に言われて、
仕方なくといったところだろう。大嫌いな父親だけれど、やはり見捨てれない‥‥。

次週から、『裏・英治』のような人格が垣間見えそうな予感。
美桜が襲われてた(?)けど、おそらくボッコボコにするな、いや間違いなくするよあの目は。


斉藤さん 第3話 (公式HP

ドラマ好きでなおかつ口うるさい家の母親が観てるぐらいだから、面白いんでしょう。
まあ母親に実際に聞いては無いけど、22時以降のドラマを眠気を惜しんで観てるのは、
「Dr.コトー診療所2006」以来だから。ちなみに、香里奈主演の「だいすき!」も昨日観てた。

それは置いといて、この作品の醸し出す空気感が良い。
実際には作品というより、女優・ミムラの魅力が生み出す空気感かな。
やっぱり上手、さすがデビュー作が月9主演という前代未聞の経歴の持ち主。
相手の顔色を伺いながらの演技は特に素晴らしい。最後の応援歌もね(笑。

最近のドラマ界は同じ役者を使いまわして、組み合わせも同じでマンネリもいいとこ。
そんな状況を打破してくれそうなミムラ。テレビ局にはどんどん起用して頂きたいです。

#8 ドラマ実記 (薔薇のない花屋)

2008.01.15

category : 2008年1月期

tags : 香取慎吾 竹内結子 松田翔太

comment(3) trackback(0)

同窓会帰りのほろ酔い気分で、昨日は帰宅。
(予約ばっちりだったけど)ドラマの放送には間に合わず、スマスマを見た。
木村拓哉が饒舌にやたら喋っていたから、どんなもんかと思い早速見始めた。


薔薇のない花屋 第1話 (公式HP

冒頭でいきなり「彼女」が亡くなる。
謎のパペットマペットと遭遇,謎の盲目女性との出会い。
陽気な元ホスト(松田翔太)が居候,院長先生の激しい憎悪‥‥。

超簡潔にまとめるとこんな流れだったと思います(笑。
始めに言っておくと自分は、野島伸司氏の作品との相性が非常に悪い。
「ひとつ屋根の下・2」は特別な存在とはいえ、他には「リップスティック」ぐらいしか
最終話まで視聴した憶えが無いんです。プライドも途中で飽きてた気がする(笑。

ただ今回は、いつもの野島氏の作品よりも格段にアクが弱く、全体的に見やすい印象。
まあ、盲目という設定をああいう風に使うのは、変わってないなぁみたいな。

どう考えても、白戸美桜(竹内結子)は盲目じゃないよな(いまいち自信が無いが。
院長とアイコンタクトしてたもんなぁ。弱みの演出に院長が指示したのか‥‥。
そんな院長の指示を受けて美桜は、汐見英治(香取慎吾)を騙しに掛かる。
ただ、美桜のその行動は本意によるものではなく、院長に重大な何かを
握られているのは間違い無さそう。

そしてその院長の英治への憎悪。一体どういうバックボーンを秘めてるのか。

かなりベタな予想を1話の時点で書いておくと、英治の亡くなった妻‥‥『彼女』が、
院長先生の肉親‥娘というのが、素人予想としてはしっくりくるんじゃないかと。
ただ英治自身も、雫が生まれる前までは今とは全く違う人格だったみたいだしねぇ。
あまり英治のバックボーンを重くしないで欲しいな、雫ちゃんが悲しむ姿は見たくないし‥。
thanks!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

chronicler

Author:chronicler
ドラマレビュー中心のブログ。
ゲームの話題を主に扱っている、
Game Chronicles
を開設したのでそちらもよかったら。

ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いします。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

視聴中のドラマetc
カレンダー
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
BlogPeople
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
バロメーター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright ©最後に笑うのは誰か. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。