最後に笑うのは誰か

テレビドラマの事を書き綴っていくブログ。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Room Of King #001

2008.10.05

category : 2008年10月期

tags : 水嶋ヒロ 鈴木杏

trackback(0)

第一印象として真っ先に挙げたいのが、他のドラマとは違う構成だ。

ドラマの流れというものを敢えて無視してるような印象さえ受ける。
朝子(鈴木杏 )と伊集院 松(ミッキー・カーチス)のやりとりがあったと思えば、
次のシーンではもりじ(水嶋ヒロ)に引越しを手伝って貰っている具合。
挙げ句の果てには、朝子が突拍子も無く強盗の人質に取られている始末。
小ネタだと思っていた板尾のシーンが実は重要なシーンなのには後で気付いた‥

私的には、繋ぎのシーンにあたる部分を敢えて省いてるように感じた。
前枠の「33分探偵」でも分かるように、他の大半の連続ドラマとは違い、
土11時枠の実際の放送時間というのは短く設定されている。
「ガリレオΦ」でいうビーチバレーなどという無駄なシーンに
時間を割いていては、この枠では伝えるべきものが伝えられないのだ。

1話の時点では、どういった内容なのかはよく分からなかった。
今後なぜ、「KING」に彼ら彼女らがスカウトされたのかが明らかになり、
何らかの急展開を見せることにはなるんだろうが、なんかしっくりとこないな。

上手く説明出来ないけど、脚本がルームシェア状態になってるような感じかな。
それぞれのエピソードに面白みが無いんだよね。もりじのバーでの話とか、
京子の産婦人科での話とか、正直言って退屈なシーンになってるんだよ。
部屋を区切られたシェア同士の様にぶつ切り状態のシーンの連続‥そういう意味です。
どうせならルームシェアの部分というか「KING」に居る時だけの話に焦点を絞れば。
‥‥などと言っても、そしたら人物設定から何から何まで作り直しだな。

なんか書いてるうちに悪い部分も少なからず見えてきた。
怪しく不思議な南青山不動産の連中の真意を楽しみにしつつ、
サラリーマンNEOの大宮エリーへの期待を込めて、今回はこれにて。
(これっきりになる可能性は否定しません)


Room Of King 公式サイト
スポンサーサイト
thanks!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

chronicler

Author:chronicler
ドラマレビュー中心のブログ。
ゲームの話題を主に扱っている、
Game Chronicles
を開設したのでそちらもよかったら。

ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いします。
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

視聴中のドラマetc
カレンダー
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
BlogPeople
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
バロメーター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright ©最後に笑うのは誰か. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。